レーシックは裸眼へ戻す1回15分きりの治療です。私の体験談であなたの不安は解消します。
レーシック 視力回復
あなたは毎回数万円も出して買い換えるメガネ派ですか?いつも異物感を我慢し続けるコンタクト派ですか?それとも裸眼派ですか?


TOPへ レーシックにお世話にならないために今のうちにお子さんの目を大切に。1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜

今話題の老眼治療


2008年7月に老眼治療の適応検査を行った時、
網膜に穴が開いているとの指摘を受けました。

1年後の2009年に地元の眼科で検査をしてもらったら、
網膜剥離の可能性があるということでした。

今すぐに手術の必要はないとのことでしたが、
即答で手術を受けることにしました。

翌週に手術。

レーザーで周りを焼いて、網膜が浮いて、
水が入り込まないようにする手術ですが、
10分くらいで痛みもなく終わりました。

3ヶ月ほど様子を見て、問題なければ、
老眼治療の日取りを再検討するつもりでしたが、
あれから2年経とうとしてます。

仕事や資金面で老眼治療計画は進んでいません。

相変わらず、必要な時に老眼鏡を使用している状態です。

レーシック 視力回復

(2011.03.09)


2008年6月8日、CK適応検査を神戸クリニック小倉で行いました。

最近、老眼が進み、眼を使う仕事柄、疲れがひどく、
老眼治療であるCK適応検査を受けました。

とても多くの時間を掛け、検査の項目も多かったです。

シミュレーションができるということで、
視力を落とすコンタクトをつけると、
確かに、遠くも近くも見えます。

効き目はレーシックの適応検査の時と同様、左目でした。

本来、人は効き目で遠くを見て、反対の目で近くを見るようです。
そうでない人もいるようですが。

なので、右目に治療を施すということになり、
シミュレーションのために右目にコンタクトを入れたのです。

このコンタクトは、プラスではなくて、マイナスのコンタクトらしいです。
つまり、視力を落として見えにくくするということです。

右目の視力は1.0以下の0.5くらいの感覚でした。

そうすることで、遠くも近くも見えるという、
脳をごまかすような理屈で、遠くも近くも見えるということらしい。


確かに、雑誌も楽に読めて、遠くも見えるのは魅力です!

しかし、2年前にせっかく念願の両目ともに1.5になったのに、
あえて視力を落とすのはちょっと考えてしまいました。

時間を置いて考えてみようと思いました。


最後に、先生に目を詳しく調べてもらったところ、
なんと右目に穴が空いているとのことです。

放っておくと、水が入り込んで、
網膜はく離になる恐れもあるということです。

元々、目が弱いのか、先天性白内障もあるし、
極度の近眼でしたし、今回は穴が空いているという発見。

でも、かなりビックリしました!

もよりの病院への紹介状を書いておくので、
まずそちらを先に治してからということでした。

それから、1ヶ月経ちましたが、まだ病院に行ってません。

費用が3万円くらいかかる手術ということですが、
そろそろ治療をしようかと思います。

その後、やっぱり老眼が不便だという場合は、
CK治療を受けようかと思います。

老眼鏡をかけることをまだ自分が完全に受け入れてないから・・・

レーシック 視力回復

老眼治療についての神戸クリニックの無料説明会が、
広尾、三宮を中心に開催し、11月で3度目を迎えたようです。

そのレポートをご紹介しておきます。

■広尾スタッフによる、老眼治療説明会のレポート

今回、行なわれました。広尾での
老眼治療の説明会は、8名の方にご参加頂きました。

終始、アットホームな雰囲気の中、
当院理事長と参加者の皆さんとの熱心なお話が展開されました。
 
参加者の目の状態を確認したところ、
近視・遠視・乱視のいずれかをお持ちの方が多く、
レーシックで近視・遠視・乱視を治した後に、
老眼治療を受ける必要がある方がほとんどでした。

老眼治療は、正視(近視・遠視・乱視のない状態)の方が対象です。

特に、遠視の方は「遠くが見えて、近くが見にくい」
と勘違いされていました。

(遠視の場合は、遠くも近くも見づらい状態になります。)

その為、まずはメガネを使ったシミュレーションにて、
遠視を矯正した状態を体験して頂き、
遠くが見えていなかった事にお気付きになられていました。

その状態で老眼治療をした場合のシミュレーションも行い、
近くも遠くも見える状態を体験して頂き、
ご本人様はとても感動されていました。

ご自分の目の状態が、近視なのか、遠視なのか、乱視なのか、
老視なのかをきちんとご理解されていない方が多く、
当院理事長から皆様の目の状態をご説明させて頂きました。

ぜひ、老眼治療の説明会にご参加いただければと思います。

目の状態を確認し、治療後はどのような見え方になるか
のシミュレーションを体験して頂き、
最適な治療方法をお聞きになってみてはいかがでしょうか。

ここまで。

私も早く老眼治療受けたいな。

今は、どうしても手元の小さな文字が見づらい時は、老眼鏡です。
1.0度のおしゃれなデザインの老眼鏡付けてます。

老眼鏡って、地味だからかけたくないという方は多いと思います。

でも、おしゃれな老眼鏡もあるんですよ。

レーシック 視力回復

老眼治療NearVisionCK≫

2007年9月17日(祝日)は敬老の日です。

神戸クリニック老眼治療をスタートしたのは、今年2007年の4月。

9月で半年を迎えることになりました。

そこで、敬老の日に、ご家族のおじいちゃんおばあちゃんに、
老眼治療をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

現在アメリカでは、クリスマスや結婚記念日に、
レーシックをプレゼントすることが
当たり前になるくらい普及しているそうです。

それに習って日本でも、
レーシック老眼治療をプレゼントできるような文化になればいいです♪

老眼治療の治療時間は、3分程度です。

でもやっぱり怖いんじゃない?

そこで、体験者の方に手術当日、不安はなかったですか?
と聞いてみました。

老眼治療体験者の方より

「いざとなると怖くなりました。
 でも、さりげなくスタッフの方が手を握ってくれたんですよ。
 絶対だいじょうぶだと思いました」

とお話くださいました。

若い人に手を握られるなんて、
この年になったらないじゃないですかー(笑)?とのこと。

私もそうでしたが、
手術中ずっとスタッフの女性に
手を握っていただくことの安心感は相当なものがありました。

今でも相当モテるプロ野球北海道日本ハムファイターズの梨田監督は、
レーシックと老眼の両方の手術を受けられましたが、
やはり手を握ってもらったのでしょうね。
レーシック 視力回復


神戸クリニックでは、2006年11月の老眼治療の導入以降、
100名以上の方に治療実績があります。

雑誌や新聞で取り上げられる事が多くなってきた事で、
問い合わせも殺到。

老眼治療の効果とリスクはこちら

老眼治療(Near Vision CK)の詳細はコチラから


レーシック術後で顕著になった老眼

もう40代なかばになるのだから仕方ないのでしょうが、
なんとか、お金貯めて、今度は老眼治療を受けたいです。

たくさん働いて貯金すると心に決めた中年サラリーマン!



老眼の治療?

神戸クリニック小倉のレーシック術後5ヶ月目検診の時、
受付で翌月の予約をするときに、

カウンターにパンフレットがありました。
スタッフの方に聞いてみると、

老眼が治療できるようになったと。

「何?、それいい!」と思いながら、
少し話しを聞いてみました。


手術ではなくて、
音波を当てるだけの“治療”だということ。

小倉ではこの治療はまだやってないけど、
神戸クリニック小倉の患者さんの中で、
治療された方がいるそうです。

東京か神戸か知りませんが、
治療を受けにわざわざ行かれたのでしょう。


まだよく分かってないですが、
利き目でない方を治療することで、
近いところが見えるようになるとか。。。

よくわかりません。

まだ情報不足ですが、
また問い合わせてみます。

老眼治療について、もっと知りたいですね。

レーシック 視力回復
■■■自己紹介■■■
HN:ダディ

当サイトは、神戸神奈川アイクリニックのレーシック体験記です。福岡の50代のオヤジですが、思い切ってセルフイメージを変えてみました。この年で、顔つきも、生活も、性格まで一変しました!

きっかけは、メガネを買い替えたけど、合わなくて困っている時、「こうやって数年に一度、高いお金払って買い替えるのはもったいないな〜、いつまで続けるのだろう」と思ったことです。それからは、こんな年からでもいいから、裸眼生活に戻ろうと思い、レーシックのこと知り、神戸クリニックに出会ったのです。

九州のみなさ〜ん!私がお世話になったのは旧神戸クリニック(現:神戸神奈川アイクリニック)小倉院です。

私はその小倉院でラッキーなことに、吉田先生(理事長)から直接オペしていただきました〜♪

私も始まりは、無料説明会がでした。

裸眼は別世界ですよ!そのままで見えるんですから〜♪
■■■運営ポリシー■■■
レーシックの「安心さ」と「便利さ」と「裸眼の喜び」をお伝えするブログです。

当サイトは、神戸クリニックでのレーシック手術体験を元にレーシックのすばらしさを紹介するアフィリエイトサイトです。

アフィリエイトサイトの免責事項について

■■■スポンサー■■■
レーシック 視力回復
■■■レーシッに関する本■■■