レーシックは裸眼へ戻す1回15分きりの治療です。私の体験談であなたの不安は解消します。
レーシック 視力回復
あなたは毎回数万円も出して買い換えるメガネ派ですか?いつも異物感を我慢し続けるコンタクト派ですか?それとも裸眼派ですか?


TOPへ レーシックにお世話にならないために今のうちにお子さんの目を大切に。1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜

手術とアフターフォローについて

レーシック手術後1週間は、
感染を予防する目薬、炎症を予防する目薬、
角膜を保護しドライアイを防ぐ目薬の3種類の目薬が渡されます。

目薬の使用期間については

レーシック

最初に処方する3種類の目薬の使用は1週間程度。

ドライアイなどの症状によっては3ヶ月間程度は、
人工涙液のような目薬をする方が多いようです。

エピレーシック・PRK

症状により目薬の種類が変わっていきますが、
約6ヶ月間は目薬を定期的にさすことになります。

レーシックと比較すると長期に渡りますが、
じっくり治して快適な裸眼生活を送るためです。

目薬代は手術代金に含まれています。

私は、9ヶ月経ちましたが、未だに目薬をさしています。

炎症を抑えるものなので、花粉症にもいいとのことです。

レーシック 視力回復

レーシック手術の記憶が薄れつつある中、
手術はこーんな感じでした。。。

レーシック手術

 ・充分なカウンセリングで不安もなくなり、

 ・恐怖を感じる前に手術は終わり、

 ・始まってしまえば、ランプを見ていただけ!


吉田先生がいちいち話しかけてくれます。

「今から○○しまーす」とか、

「目がずれてるよー、まっすぐ向いてねー」とか、


先生に任せてすべて滞りなく終わりました。

すべてがスムーズです。


初めてなのは、こちらだけです。

「先生もスタッフの方も、
 いつも淡々とオペをこなしているのだろうな」

と思えるようになり、だんだんとリラックス。

起き上がるときには、もうすでに、
吉田先生の顔が裸眼で見えたことが
今でも印象に残ってます。

吉田先生:「私の顔が見えますか?」

私:「あっ、はい」(ほんとに見えてる!)

感動の始まりでした。

レーシック 視力回復

レーシック手術中の記憶は・・・

緑のランプと赤い砂嵐の記憶だけ

ランプ

レーシックの手術当日のことを人に聞かれて答える時に、
緑のランプを見ていただけとよく答えます。

でも、ほんとにそうだったんです。

レーザーを当てている時は、
ジジジーと音がしてましたが、
その時は赤い砂嵐でした。

そんな絵を見て楽しんでましたよ!

術後3ヶ月にもなると、記憶が薄れてきますが、
はっきりと覚えているのは、緑と赤の映像でした。

レーシック 視力回復
■■■自己紹介■■■
HN:ダディ

当サイトは、神戸神奈川アイクリニックのレーシック体験記です。福岡の50代のオヤジですが、思い切ってセルフイメージを変えてみました。この年で、顔つきも、生活も、性格まで一変しました!

きっかけは、メガネを買い替えたけど、合わなくて困っている時、「こうやって数年に一度、高いお金払って買い替えるのはもったいないな〜、いつまで続けるのだろう」と思ったことです。それからは、こんな年からでもいいから、裸眼生活に戻ろうと思い、レーシックのこと知り、神戸クリニックに出会ったのです。

九州のみなさ〜ん!私がお世話になったのは旧神戸クリニック(現:神戸神奈川アイクリニック)小倉院です。

私はその小倉院でラッキーなことに、吉田先生(理事長)から直接オペしていただきました〜♪

私も始まりは、無料説明会がでした。

裸眼は別世界ですよ!そのままで見えるんですから〜♪
■■■運営ポリシー■■■
レーシックの「安心さ」と「便利さ」と「裸眼の喜び」をお伝えするブログです。

当サイトは、神戸クリニックでのレーシック手術体験を元にレーシックのすばらしさを紹介するアフィリエイトサイトです。

アフィリエイトサイトの免責事項について

■■■スポンサー■■■
レーシック 視力回復
■■■レーシッに関する本■■■