レーシックは裸眼へ戻す1回15分きりの治療です。私の体験談であなたの不安は解消します。
レーシック 視力回復
あなたは毎回数万円も出して買い換えるメガネ派ですか?いつも異物感を我慢し続けるコンタクト派ですか?それとも裸眼派ですか?


TOPへ レーシックにお世話にならないために今のうちにお子さんの目を大切に。1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜

レーシック 失敗 失明 不安

レーシックつまり視力矯正を検討される方の誰もが、
怖さを感じています。

当然ですよね、私もそうでした。

怖さの原因は、レーシックの手術が失敗するかもしれない、
手術後に視力が回復しないかもしれないという不安です。

手術に100%安全はありえません。

例えば、神戸クリニックの場合、
治療結果の94.5%の方が1.0以上の視力に回復します。

残りの5.5%の方が手術後の近視の戻りなどが原因で
目標の視力に至らない方がいらっしゃいます。

3%の方は近視の戻りだそうです。
これは再手術にて矯正します。

2.5%の方が合併症だそうです。

この5.5%の方も生涯保障の制度で
完璧にフォローしてくれるので安心なんです。

生涯保障の中でも特に定期健診!

私は毎月検診に行ってますが、
調子を聞かれたりしますし、相談することもあります。

また、検診費用と目薬代は、
初期費用に全部含まれているのです。

しかも私の場合、保険で半分近く戻ってきましたし。

費用で得をし、生涯保障で安心でき、定期健診でタダの治療。

そんなイメージです。

いろんな意味で得をしました。

レーシック 視力回復

現在、わが国でコンタクトレンズを使用している人は、
約1500万人にも上るそうです。

日本眼科医会が平成14年度に行った
「コンタクトレンズによる眼障害アンケート」によれば、
2カ月間に、全国の眼科医療機関710施設で、
2万6137件ものコンタクトレンズの使用による眼障害が
報告されています。

全国の眼科医療機関は約7000施設であることから、
全国では、1年間に約150万件もの眼障害が
起こっていると推計されます。

つまり、コンタクトレンズを使っている人の
約10人に1人が眼障害を発症していることになります。

実際、年間数名の方が失明をしているそうです。

カラーコンタクトなんかは、
普通のソフトコンタクトより酸素透過性が少なく、
失明しやすいそうです。

友人同士で使いまわししている例なんか、持ってのほかです。

現在、コンタクトを愛用されている方は、
日本眼科協会などのサイトで正しい情報をご確認ください。

コンタクトは、失明を覚悟する方がいいような印象です。

30年ものなが〜い間、
コンタクトとメガネを使ってきた私は、
昨年こそが“裸眼”へのタイミングでした。

レーシック 視力回復

・視力回復手術って怖くないんですか?痛くないの?

レーシック術後に失明することは?、回復しても元に戻る?、
 何か障害を引き起こすの?

レーシック術後数ヶ月とか数年ではなく、
数十年後先はどうよ?

神戸クリニックのQ&Aにも回答されていますが、
おそらく、何年経っても、遠い将来も大丈夫だと思います。

将来のことが保証されていないなら、
何事も手を出さない。

そういう考えでしたら、止めた方がいいと思います。

私がレーシックそのものを決心した理由や覚悟した理由は、

 ・残りの人生楽しむため

 ・100%大丈夫だという認識が広まるまで、なんて待てない

 ・現に数年経って大丈夫な方から何人も話を聞いて確信した

などの理由でした。

将来20年、30年先のことなんか、
視力矯正手術に限らず、誰にも分かりません。

しかし、私にとっては、

失うどころか得られるものだらけのような気がします。

精神的な喜びが一番大きいです。

仕事する時も、歩く時も、誰かと会話する時も、
自信にあふれ、ほんとに楽しいです。

再三言いますが、
レーシックのことが心配だったら、
ほんとに受けない方がいいです。

ただ、レーシックの失敗率は飛行機事故以下だそうです。

昨今、いろんな事件が多く、
外出することさえもリスクを伴いますが、それ以下です。

神戸クリニックでは、患者さまの「不安」を解消するために、

レーシック 視力回復

レーシックで失明したらどうしよう!

私も最初は“失明”というイメージや言葉が渦巻いてました。

  「失明したら取り返しがつかない・・・」

何しろデリケートな部位ですし、
聞こえないのもそうですが、
見えないというのもなんともいえない恐怖です。

レーシックは、角膜の表面に行う手術なので、
眼球内部には、一切治療を施しません。

ですから、“失明”といった事態は、まずないのです。

神戸クリニック吉田理事長自らも実際にレーシックを受け、
視力を回復されました。

又、プロゴルファーのタイガー・ウッズ氏、片山晋吾氏、
野球の松坂大輔選手など、
多くのプロスポーツ選手や著名人の方々も、
レーシックを受け、視力を回復し、活躍している。

昨今では、術者数も増加し、
一般的に受け入れられるようになってきました。

ですから、安心です。

しかし、手術の決断をすることは、例えは悪いですが、
ある種の賭けのようなものかもしれません。

私の場合、
「残りの人生をエンジョイしたいこと」が勝ってました!

その賭けともいうべき体が固くなってしまうイメージ。

それを解きほぐしてくれたのが、無料説明会でした。

立食形式でリラックスしながらのスタッフや体験者との会話です。

特に体験談を聞いたことが一番大きかったです。

構えるほどでもないんだ───

それにしても、メガネにしてもコンタクトにしても、
生涯でトータルいったいどれくらいのお金を
使うつもりだったのだろう?

レーシック 視力回復
■■■自己紹介■■■
HN:ダディ

当サイトは、神戸神奈川アイクリニックのレーシック体験記です。福岡の50代のオヤジですが、思い切ってセルフイメージを変えてみました。この年で、顔つきも、生活も、性格まで一変しました!

きっかけは、メガネを買い替えたけど、合わなくて困っている時、「こうやって数年に一度、高いお金払って買い替えるのはもったいないな〜、いつまで続けるのだろう」と思ったことです。それからは、こんな年からでもいいから、裸眼生活に戻ろうと思い、レーシックのこと知り、神戸クリニックに出会ったのです。

九州のみなさ〜ん!私がお世話になったのは旧神戸クリニック(現:神戸神奈川アイクリニック)小倉院です。

私はその小倉院でラッキーなことに、吉田先生(理事長)から直接オペしていただきました〜♪

私も始まりは、無料説明会がでした。

裸眼は別世界ですよ!そのままで見えるんですから〜♪
■■■運営ポリシー■■■
レーシックの「安心さ」と「便利さ」と「裸眼の喜び」をお伝えするブログです。

当サイトは、神戸クリニックでのレーシック手術体験を元にレーシックのすばらしさを紹介するアフィリエイトサイトです。

アフィリエイトサイトの免責事項について

■■■スポンサー■■■
レーシック 視力回復
■■■レーシッに関する本■■■