レーシックは裸眼へ戻す1回15分きりの治療です。私の体験談であなたの不安は解消します。
レーシック 視力回復
あなたは毎回数万円も出して買い換えるメガネ派ですか?いつも異物感を我慢し続けるコンタクト派ですか?それとも裸眼派ですか?


TOPへ レーシックにお世話にならないために今のうちにお子さんの目を大切に。1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜

レーシック手術後2週間


レーシック手術後、
保護用コンタクトとメガネをかけて1週間、
メガネをはずした生活で1週間経ちました。

2週間目の検診です。

1ヶ月経過するまでは毎週検診を行うそうです。

視力検査の結果、両目ともに1.0でした。

回復は個人差があり、3ヶ月ほどかかる方もいるようです。

角膜を削る深さにもよるとか。

2週続けて1.0前後ということもあり、
私の場合は、特に問題なく、いいペースです。

目薬はまだ続けなければいけません。

でも、削った表皮がちゃんとできているので、
血清用の点眼液は、もう使わなくていいようです。

検診後、繰り返し流されている「デビット伊東」や「山崎裕太」の
体験ビデオを見ながら受付で待っていると、
アンケート用紙への記入依頼があったので、協力することにしました。

感想などを記述した後、

   「ホームページに載せていいですか?」

とスタッフの方に聞かれたので、

   「別に構いません」

と返事しました。

すると、

   「写真を撮らせてくださいますか?」

ということなので、(別にいいや)と思い、
撮っていただきました。

写真撮るのに、一瞬メガネを正すしぐさをしてしまうありさま。

出掛けるとき、朝起きたときもメガネを探そうとするし、
寝ているときに地震があると今でも不安ですね。

出来映えをちらっと見たけどあまり好きじゃない自分の顔。

それにしてもメガネをかけていない自分の顔が
まだ何か足りないような、違和感を感じます。

クリニックの階段の壁に貼ってある「秋本奈緒美」の体験談や
写真を見ながら、さすがタレントは写真の出来がいいです。

私の体験談の写真掲載はどうなるのやら。

クリニックまで来るのに暑くて汗かいた後だったので、
あまり涼しい顔とはいえない出来だったので。

いずれ、体験談と顔写真と実名が出るので、かなり照れますが、
私の体験がシェアできればいいので、納得しました。

レーシック 視力回復

レーシック術後13日経過報告です。

EPI-LASIK(エピレーシック)は徐々に回復するということですが、
もはや1.0以上は見えているようです。

しかし、1日のうちでもよく見える時間帯と
ぼやける時間帯があったり、まだまだ不安定です。

術後12日目に、過去の携帯メールを読み返していたら、
手術当日の帰り道の妻とのメールのやりとりを発見!

 私:「やったー!、手術はあっという間」

   「20分もかかっていない」

   「まだぼんやりだけど“裸眼”で歩いている!」

   「保護用コンタクトとメガネをかけてね!」

 妻:「長年の夢が叶ってよかったね(^_-)-☆」

    「気をつけて帰って来て」


裸眼で歩いている自分も、妻からの返信もうれしかったですね。

子どものようにとてもはしゃいでました。

近視で長年メガネやコンタクトをしていた私には、
このうれしさは、半端じゃないです。

2006年9月1日で13日経過しましたが、

まだ感覚的には、コンタクトをしていた時代のようです。

でも違う!、もはや裸眼!

レーシック 視力回復

レーシック術後11日経過報告です。

職場にて、裸眼で仕事を開始して3日目ですが、
よく聞かれます。


 「メガネ、どうしたんですか?」

 「コンタクトに替えたんですか?」

 「メガネがないから、イメージが違うんですけど。。。」


女性にも男性にも聞かれます。


手術したことを都度説明しますが、
LASIK(レーシック)を知っている者も、
知らない者もいます。

 「レーシック?何ですかそれ?」

説明するのもだんだん面倒くさくなってきました。

 「レーザーで15分で手術終わるもの」

なんて、簡単に答えることも。


そういえば、
オフィスの10メートル以上離れた壁の時計も、
かなりはっきり見えるようになりました。

もう1.0はあるのかな。

それにしても、
みんな私への印象がかなり違和感あるみたい。

もともと分厚いメガネをかけて、
ふっくらした体型だった私。

3年前に6キロダイエットし、
手や顔の肌がきれいになり、
今週からメガネを取っ払ったことで、
かなりイメージが変わったようです。

元々彫りの深かった顔がシャープになり、
携帯で写真撮ったりすると、
目が異常にでかく見えます。

 「顔濃いーなー」

と自分でささやくこともあります。

この際、セルイメージの向上に努めようかな。

 「その年で、なに色気づいてるの?」

なーんて言われるかな _・)ぷっ

レーシック 視力回復

レーシックの手術から10日経ちました。

仕事帰りの夜の街では、ネオンがやたらまぶしく感じます。

夜って、こんなにも明るいんだということを知りましたね。

毎日が発見です!

目のいい方には何のこっちゃという感じでしょうが。。。


昔、とても目がいい方(2.0以上?)が、

  「見えすぎるのも疲れるよー」って言ってました。

自然の色合いや光はいいのでしょうが、
人工的な車やネオンの光は、見たくなくても飛び込んで来るそうな。

自分の目が自分の目でないような、
やはり、コンタクトしているような感覚は未だ抜けません。

つまり、「コンタクトか何かしてなきゃ、見えるわけない」
という劣等感がいまだにあるのでしょう

レーシック 視力回復

レーシック術後9日

2006年8月28、保護用メガネもコンタクトもない状態での仕事開始。

いつもメガネをしている私がしていないので、
会社の者は戸惑いがちです。

 「あの年でコンタクトにでも替えたのかな?」

と、女子社員には思われているのかもしれません。

日増しに見えてくる感じ、“普通に目をあけている感覚”です。

高校以来この年まで、よく見えるということは、
「コンタクトの違和感なり、メガネの重さなどを感じながら」
何らかの処置をして見えるということでした。

それが、「普通に目を開けてて見える!」という喜びです。

その日、オフィスで感じたのは、

 ・メガネの縁がないせいか、視界が広い

  横を見るとき、顔を向けなくても、ちらっと目を動かすだけみたいな。

 ・会社のオフィスはこんなに狭かったのか

  ゴミも目に付くし。

 ・見えるときと見えないときの変動がってまだ安定してない

 ・年のせいか近く見えにくくなって、老眼かいっ!

  近眼とまったく逆転に!

というものでした。

また、夜中に目を覚ました時なんかに感じるのは、

 「寝室はこんなにも明るかったのか」(爆)


ほんとに別世界になりました。

レーシック 視力回復
■■■自己紹介■■■
HN:ダディ

当サイトは、神戸神奈川アイクリニックのレーシック体験記です。福岡の50代のオヤジですが、思い切ってセルフイメージを変えてみました。この年で、顔つきも、生活も、性格まで一変しました!

きっかけは、メガネを買い替えたけど、合わなくて困っている時、「こうやって数年に一度、高いお金払って買い替えるのはもったいないな〜、いつまで続けるのだろう」と思ったことです。それからは、こんな年からでもいいから、裸眼生活に戻ろうと思い、レーシックのこと知り、神戸クリニックに出会ったのです。

九州のみなさ〜ん!私がお世話になったのは旧神戸クリニック(現:神戸神奈川アイクリニック)小倉院です。

私はその小倉院でラッキーなことに、吉田先生(理事長)から直接オペしていただきました〜♪

私も始まりは、無料説明会がでした。

裸眼は別世界ですよ!そのままで見えるんですから〜♪
■■■運営ポリシー■■■
レーシックの「安心さ」と「便利さ」と「裸眼の喜び」をお伝えするブログです。

当サイトは、神戸クリニックでのレーシック手術体験を元にレーシックのすばらしさを紹介するアフィリエイトサイトです。

アフィリエイトサイトの免責事項について

■■■スポンサー■■■
レーシック 視力回復
■■■レーシッに関する本■■■