レーシックは裸眼へ戻す1回15分きりの治療です。私の体験談であなたの不安は解消します。
レーシック 視力回復
あなたは毎回数万円も出して買い換えるメガネ派ですか?いつも異物感を我慢し続けるコンタクト派ですか?それとも裸眼派ですか?


TOPへ レーシックにお世話にならないために今のうちにお子さんの目を大切に。1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜

トップページ著名人の体験者レーシック説明会(参加費無料)にホリエモン出演

著名人の体験者

神戸クリニックのアイレーシックを受けた堀江 貴文氏は、
ツイッター上で、自身がを受けたことについて
適応検査、医師の診察、手術、手術後の様子など、詳細につぶやきました。

「以前からレーシックに興味があったから、どきどきする」、
「わたしもやりたくなってきた」、
「そろそろやろうかな」 など多く書き込まれました。

「ツイッターまとめ」堀江 貴文様の(@takapon_jp)のレーシック体験

▼適応検査時のつぶやき

「いまから神戸クリニックでレーシック。先ずは検査です。」

「虹彩の模様、瞳孔の撮影、角膜の厚さを測る。」

「厚いのでレーシック向きらしい」

「おなじみ眼圧と近視乱視測定。そして角膜の形測定」

「視力検査おわった。利き目は左目でした」

▼手術後のつぶやき

「無事おわりました。確かに10分くらいだった。」

「いま、コンタクトつけ忘れて寝て起きたみたいな感じで白い膜が張ってる感じ」

「視力は確かに上がってます。すごく見える。
コンタクトつけてるみたいな。裸眼なんだよな」

▼翌日検診のつぶやき

「さて朝です。視力はばっちり回復。
まだ光は明るいですけど。これから翌日検査。
検査が終わるまで目やにが取れないのでなんだか沁みる感じです。
目薬でなんとか。。。帰ったらシャンプーできる・・・」

上記はほんの一部です。もっと堀江様のつぶやきを見たい方はこちらへ
怖い?レーシック手術の原理を理解すれば「失明するわけがないですよね」
堀江様は、どうして「今」受けようと決心されたのでしょうか?
『適応検査』レーシックが受けられるかどうかを知りたい方は、こちら。

ホリエモンこと、堀江 貴文様、レーシック体験者としてゲスト出演!

[日時] 5月8日(日) 16:00〜18:00
[会場] 東京(渋谷)セルリアンタワー東急ホテル

レーシック 視力回復
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
■■■自己紹介■■■
HN:ダディ

当サイトは、神戸神奈川アイクリニックのレーシック体験記です。福岡の50代のオヤジですが、思い切ってセルフイメージを変えてみました。この年で、顔つきも、生活も、性格まで一変しました!

きっかけは、メガネを買い替えたけど、合わなくて困っている時、「こうやって数年に一度、高いお金払って買い替えるのはもったいないな〜、いつまで続けるのだろう」と思ったことです。それからは、こんな年からでもいいから、裸眼生活に戻ろうと思い、レーシックのこと知り、神戸クリニックに出会ったのです。

九州のみなさ〜ん!私がお世話になったのは旧神戸クリニック(現:神戸神奈川アイクリニック)小倉院です。

私はその小倉院でラッキーなことに、吉田先生(理事長)から直接オペしていただきました〜♪

私も始まりは、無料説明会がでした。

裸眼は別世界ですよ!そのままで見えるんですから〜♪
■■■運営ポリシー■■■
レーシックの「安心さ」と「便利さ」と「裸眼の喜び」をお伝えするブログです。

当サイトは、神戸クリニックでのレーシック手術体験を元にレーシックのすばらしさを紹介するアフィリエイトサイトです。

アフィリエイトサイトの免責事項について

■■■スポンサー■■■
レーシック 視力回復
■■■レーシッに関する本■■■