レーシックは裸眼へ戻す1回15分きりの治療です。私の体験談であなたの不安は解消します。
レーシック 視力回復
あなたは毎回数万円も出して買い換えるメガネ派ですか?いつも異物感を我慢し続けるコンタクト派ですか?それとも裸眼派ですか?


TOPへ レーシックにお世話にならないために今のうちにお子さんの目を大切に。1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜

トップページ眼の雑学レーシックと老眼

眼の雑学

レーシックで老眼を発見することになったことは、
以前、記事に書きました。


そのレーシックと老眼について

老眼は年齢と共に一般的に誰でも進みます。

レーシックを受けて遠くが見えるようになることが、
老眼を早く気付かせる作用がある場合があります。

「早くなる」のではなく「早く気づき」ます。

まずは、この認識ですね。


大部分の近視の人は、
やや弱めの度数に処方されることが多いため、
結果的に弱い近視が残った状態で、
眼鏡やコンタクトレンズを装用しています。

そのため、年齢を問わず、
近くを見ることに関しては、
有利な状況が生まれており、
近視の人は45歳以上になっても、
『老眼』を自覚しないことが多々あるのです。

老眼を解消するために、

軽い近視が残るようにレーシックの度数設定をするとか、
片眼を遠方に合わせ、もう片眼を近方が見やすい度数に設定するとか、
近くを見る時は眼鏡(老眼鏡)を使用する、

などの方法がありますが、

やはり、満足度が高いのは老眼鏡の使用だそうです。

私も、多くのシーンでは不要ですが、
特に仕事する上で、どうしても見えない時や、
見づらくてとても疲れることがあります。

老眼鏡という響きがなんともイヤですが、
おしゃれなものを一つくらい用意しようかな。

レーシック 視力回復
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
■■■自己紹介■■■
HN:ダディ

当サイトは、神戸神奈川アイクリニックのレーシック体験記です。福岡の50代のオヤジですが、思い切ってセルフイメージを変えてみました。この年で、顔つきも、生活も、性格まで一変しました!

きっかけは、メガネを買い替えたけど、合わなくて困っている時、「こうやって数年に一度、高いお金払って買い替えるのはもったいないな〜、いつまで続けるのだろう」と思ったことです。それからは、こんな年からでもいいから、裸眼生活に戻ろうと思い、レーシックのこと知り、神戸クリニックに出会ったのです。

九州のみなさ〜ん!私がお世話になったのは旧神戸クリニック(現:神戸神奈川アイクリニック)小倉院です。

私はその小倉院でラッキーなことに、吉田先生(理事長)から直接オペしていただきました〜♪

私も始まりは、無料説明会がでした。

裸眼は別世界ですよ!そのままで見えるんですから〜♪
■■■運営ポリシー■■■
レーシックの「安心さ」と「便利さ」と「裸眼の喜び」をお伝えするブログです。

当サイトは、神戸クリニックでのレーシック手術体験を元にレーシックのすばらしさを紹介するアフィリエイトサイトです。

アフィリエイトサイトの免責事項について

■■■スポンサー■■■
レーシック 視力回復
■■■レーシッに関する本■■■